自分自身を楽しむことをサボっていませんか?病気をしても、人生は楽しめる。

ビタミンC

 ビタミンC

・水溶性の性質があり、酸性である。
・レモンのイメージがあるが、実はレモン内にはそれほど多くは
 存在しない。色は白色である。
・主な働きとしては、「抗酸化作用」「コラーゲンの生成」
 「鉄分の吸収をよくする」「免疫力をあげる」などが挙げられる。
・副作用が少ない物質であり、人間は自分で合成することが
 できないために、外から摂取する必要がある。
・正式名称は、アスコルビン酸という。

[check]注意すべきポイント

ビタミンCの原末というのが、医薬品で存在する。
 病院でも勧められることがあるが、胃を荒らさないように注意する。
・多く摂りすぎることで、お腹を下すことがある場合もある。
・いろいろと研究が進んでおり、比較的安全な抗がん剤としての
 利用もすすんでいる。アメリカでも臨床データがとられており、
 今後が楽しみである(2012.05.17現在)
ビタミンCは、安定がうまくいかない分、狙ったところに
 届けるというのが難しい物質でもある。したがって、誘導体という
 形にしているのが現状である。

[check]ソノキニが考える絶対に信じてはいけない仮説

・健康には、かなりおすすめの物質と言える。抗酸化作用の
 コントロールにすごく役立つが、水溶性のため、脂肪や細胞膜などの
 脂分のところには、作用しない。ビタミンEとのコンビネーションが
 おすすめです。
・おそらく、これから先、抗酸化という部門は、もっと重要視される
 ようになると思います。(2012.05.17現在)

ソノキニ辞書に戻る

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional